アルバイト面接のポイントを解説します。正社員面接とはまた違ったコツを押させる事で、効果的に採用されましょう。

父が経営する会社でアルバイトをすること
父が経営する会社でアルバイトをすること

アルバイト面接のポイント解説

父が経営する会社でアルバイトをすること
アルバイトの面接は、正社員面接との最大の違いは、志望動機や目的をストレートに伝えた方が、採用されやすいという点になります。例えば、正社員ではお金が欲しいというストレートな理由では採用されにくいと言えます。企業が正社員に求めている要素は、入社後どのような活躍ができるか、社風に合致する性格なのか、能力は十分なのかなどと言った点を重視するからです。アルバイトでは、仕事自体はおおよそ誰にでもできるものです。ですから、能力は最低限必要な点をアピールできればよく、嘘をついたりせず、物事を正しく報告できる人を求めています。ですので、明るく、元気に接しながら、志望動機も単純なものが好まれます。

従って、お金が欲しければ、お金が欲しいという理由を織り交ぜつつ、自分のその職業への適正をアピールする事が良いと言えます。無闇やたらに不用と思われる能力をアピールしても仕方ないのです。相手が求めている能力と、性格の安定性を強調する事がより重要と言えるでしょう。言葉遣いやビジネスマナーについても同様の事が言えます。正社員では上座や下座を基本としたルールを守る事が重要ですが、アルバイトの場合、間違えたら素直に謝る性格こそが求められているのです。それが採用へと繋がるコツだと言えます。

Copyright (C)2017父が経営する会社でアルバイトをすること.All rights reserved.