アルバイトは学生が職業体験を行う場ですが、近年では、就職できずアルバイトに従事する人が増えており、問題です。

父が経営する会社でアルバイトをすること
父が経営する会社でアルバイトをすること

アルバイトの現況と課題

父が経営する会社でアルバイトをすること
アルバイトと言えば、学生時代を思い起こしますが、最近では、就職をしないで、就いている人も少なくありません。ここには、我が国の問題点があると思われます。不況から、好転しようとしている我が国ですが、雇用環境は、芳しくありません。それは、正社員比率は、下がっており、非正規社員が増加しています。学生がアルバイトを行うのには、職業体験を経験することです。そもそも、社会に出る前に、経験することで、就職しても、職場に早く慣れることができます。実際、就職の前に、働くことで、免疫が出来たという人も少なくありません。企業側から見た、メリットは、低予算で、労働力が確保できることです。その一方、そのため、不況に陥ると、非正規社員が増加するのです。しかし、非正規社員に依存していると、会社の労働力の年令比率は、バランスを失います。

学生時代のアルバイトは、後々、良い想い出となります。失敗することも褒められることも大切な財産となるのです。会社に入っても、事前に、働いている人は、逞しいと言われています。学生時代のアルバイトは、推奨されるべきですが、卒業後も続けることは如何なものかと思います。結論として、企業も非正規社員に頼るだけでなく、正社員をしっかりと採用することが大切です。

Copyright (C)2017父が経営する会社でアルバイトをすること.All rights reserved.